告白する時メールはOK?メールで告白して成功する方法

告白 メール 成功する方法

 

今の時代メールは一般的になっていますが、
十数年前はメールなんて機能ありませんでしたよね。

 

私が学生の時はギリギリメール機能がありました。
ですがその前は「ポケベル」
もっと前は「手紙、文通」でしたよね。

 

メールで告白は、今じゃ当たり前ですが
昔は想像もしていなかったことなんですね。

 

 

「そもそも昔はそんな機能なかったのに、
そんな簡単な機能で告白なんてしていいの?」と
一時期議論になっていましたが、

 

臨床結果によるとメール、電話、直接など
告白方法が違っていても成功率
あまり変わらないようです。

 

「ならメールの方が目を見て言わなくていいし楽じゃん」
そう思うかもしれませんが、

 

「メールで告白とかありえない」と
思っている人も多いので、注意が必要です。

 

 

メールで告白する時に気をつけたいこと

 

  1. 告白するメールの文章
  2. メールを送る時間帯
  3. メールアドレスは合ってる?
  4. 相手はメールでの告白にどう思うか

 

この4つは必ず考えておきたい事柄です。

 

文章はあなたの
『想い』を伝えますし、

 

時間はあなたの
『マナー』を伝えます。

 

方法はあなたの
『照れ』として捉えられるかもしれませんし、
『ウソ』として捉えられるかもしれません。

 

「メールで告白」と言えば、
ドキドキする時間を自分ひとりぼっちで味わうということ。

 

ドキドキ度は直接より薄いですし、
読み返すたびにドキドキを味わえる余韻は残ります。

 

良いのか悪いのか…
相手がメールでもOKだと思っている人なら、
印象を悪くすることはありません。

 

あくまでも気をつけたいことは、
内容と時間のみ。
メールで告白をするなら、マナー良く
かつ自分の想いをしっかり伝えられるような文章にしましょう。

 

 

失敗したパターン

 

告白 メール 成功する方法

 

最初にも言いましたが、
方法がどうだからと言って、
成功率に変わりはありません。

 

メールでの告白は必ず失敗するという事はないんです。

 

ですが、
メールというものは本心が必ず伝わる手段ではありません。
メールでの告白で不愉快になる人もいます。

 

若い人なら
「この告白は本気なのかからかっているのか?」という
告白を受けたことがある人もいらっしゃるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

 

また、
メールアドレスが間違っていたら意味がありませんし、
メールを送ったは良いが返事がなかったら
成功したかも失敗したかも、わからなくなってしまいます。

 

今の時代、
メールよりもLINEやバイパー、スカイプなどの
チャットアプリを活用している人の方が多いと思います。

 

そういった機能だと、
相手が読んだかどうか確認することもできるかもしれません。

 

ですが、
それが確認できない場合、
どのタイミングで「成功・失敗」が訪れるかもわかりません。

 

そういった意味では、
メールでの告白は、直接言うよりも
不安が大きいものなのかもしれません。

 

 

メールで返事がない場合

 

告白 メール 成功する方法

 

告白メールを送ったはいいが、
相手からの返信がない…

 

送る事ばかり考えて、
肝心の返事について考えていますか?

 

「やってしまった」と後から後悔しても、
送ってしまったものは仕方がありません。

 

  1. ひたすら返信を待つ
  2. 電話をしてみる
  3. 「メール届いてる?」と返信を促す

 

告白メールを送って返信がなかったら、
この3つしかすることはありませんよね。

 

スポンサーリンク

 

 

もし告白メールをした後に、
相手と会うことがあれば
真っ先に『気まずい』と思うでしょうし、

 

大人になったらそんな青春ドラマのような
気まずさなんて味わいたくないですよね。

 

 

時間に余裕があったり、
ゆったりした付き合いだったり、
相手が忙しい方なら返信が
1日や2日来なくても平気かもしれません。

 

ですが「そんなに待てない!」という方は、
最初からメールで告白するなんて間違っているんだと
気付いて下さい。

 

早く返事が欲しい方は、
今すぐにでも直接会って告白をすべきです。